ドラマ

【危険なビーナス】吉高由里子の顔が痩せた?過去の太った顔パンパン画像と比較!

危険なビーナス 画像

ミステリー小説「危険なビーナス」が2020年10月からドラマ化され、ミステリアスな美女・楓役を吉高由里子さんが演じることで話題になっています。

そんな中「危険なビーナス」に出演される吉高由里子さんは以前よりも顔が痩せたと噂になっているようです。

今回は「危険なビーナス」の吉高由里子さんと、過去の吉高由里子さんの太った顔画像を比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

【危険なビーナス】吉高由里子の顔が痩せた?

ドラマ「危険なビーナス」の予告・宣伝で吉高由里子さんはテレビ番組に出演されていますが、普段の姿よりも顔が痩せた印象を受けます。

2020年10月にテレビ番組「オールスター感謝祭」に出演されたときは、他の「危険なビーナス」のドラマキャスト(妻夫木聡・ディーンフジオカ・中村アン)と比較したとき、小顔で顎がシャープに見えます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オールスター感謝祭 #吉高由里子#妻夫木聡#ディーンフジオカ#中村杏#危険なビーナス#オールスター感謝祭

@ yurik_oooがシェアした投稿 –

また同時期2020年10月から放送されるドラマ「東京タラレバ娘2020」の宣伝画像と比較しても、「危険なビーナス」放送直前の吉高由里子さんの方が顔が痩せている印象を受けます。

吉高由里子さんはいつ頃から痩せ始めたのか?について調べてみると2019年末~2020年の始めにかけて痩せた姿が注目されたようです。

この時期はドラマ「知らなくてもいいコト」の主演女優として活躍されていました。

当時の画像を見てみると、現在と同じように小さくてシャープな顎、それにプラスして肩幅が狭くジャケットもブカブカな印象を受けますね。

 

スポンサーリンク

過去の太った顔パンパン画像と比較!

今でこそ小顔でシャープな顎をお持ちでスリムな体型をお持ちの吉高由里子さんですが、過去は太っていた時期もあったようです。

吉高由里子さんが太ったことで注目されたのが2012年と2017年頃です。

【2012年頃の吉高由里子】

当時は劇場版実写映画「僕等がいた」で主演・高橋七美を演じましたが、現在の原型が分からないくらい太っていることが分かりますよね。

2012年「僕等がいた 後編」の舞台挨拶をした吉高由里子さんは、自身でも太ってしまったことに気づいたようで「前編撮影のときみるみる太っていきましたね。放牧された牛のように。〝牛高由里子〟になりましたね」と自虐ネタを披露しています。

【2017年頃の吉高由里子】

2017年もまた太った時期があったそうで、2012年と同様に顔がパンパンですよね。

しかし、ここからダイエットに成功した吉高由里子さん。

吉高さんが行ったダイエット法はお肉を食べて積極的にたんぱく質を摂る・異性とたくさん遊び、身を晒されることを意識したんだそうです。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は吉高由里子さんがドラマ「危険なビーナス」の出演時、顔が痩せたのではないか?について検証し、過去の太った画像とも比較していきました。

  • 吉高由里子は「危険なビーナス」出演時も痩せているが、痩せ始めたのは2019年末~2020年始めと思われる。
  • 吉高由里子が太って注目された時期は2012年頃と2017年頃。顔がパンパンになるまでに太っていて現在の原型がなかった。

吉高由里子さんの見た目が痩せた・太ったにしろ、健康第一でこれからも女優として活躍していっていただきたいですよね!

スポンサーリンク