お笑い芸人

瀧上伸一郎の元嫁へのモラハラエピソード4選がヤバかった…罰金制度・大喧嘩など散々だった…

TAKIUE

お笑いコンビ「流れ星」のTAKIUE(瀧上伸一郎)さんは、2020年10月にタレントの小林礼奈さんと離婚したことで話題になりました。

その離婚理由の1つとしてTAKIUE(瀧上伸一郎)さんが小林礼奈さんに対して「モラハラ」をしていたのではないかと噂になっているようです。

今回はそのTAKIUE(瀧上伸一郎)さんがしたと言われているモラハラエピソード4選について掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

モラハラエピソード4選がヤバかった…

(1)食事の大喧嘩エピソード

TAKIUEさんと小林礼奈さんがまだ同居していた頃、TAKIUEさんの一言がきっかけで、食事に中に大喧嘩になったといったエピソードがあります。

2020年から流行り出した新型コロナの影響でステイホームの時間が増えていた頃、TAKIUEさんは小林礼奈さんの出す食事について文句を言うようになったといいます。

  • 10日前からリクエストしているメニューが食卓にない!
  • 娘の好物が1品もない!

遂にTAKIUEさんの文句に対して、怒りの頂点まで達した小林礼奈さんは「家族のために作っている食事について言われるのが一番嫌!」とその場で食器を投げつけたそうです。

この話が事実ならば、小林礼奈さんは相当に日々、文句を言われていたのかもしれませんね。

(2)家事・育児は任せっぱなし

TAKIUEさんは結婚生活中は、元嫁の小林礼奈さんにほぼ家事・育児を任せっぱなしだったといいます。

小林礼奈さん曰く、「正直周りで自分よりワンオペ育児な人を見たことがありません」とのこと。

仕事が多忙でもあるにもかかわらず、多趣味でもあるそうで、家に帰ってこようとせずに漫画喫茶・ゲームセンター・飲み会などでよく外出するそうです。

一人で家事・育児をこなす小林礼奈さんは、手伝おうとしない旦那に相当、腹を立てていたのかもしれません。

(3)緊急事態でも完全無視

2019年8月に小林礼奈さんは「子宮外妊娠」のため、緊急手術を受けることになったのだそう。

「子宮外妊娠」とは対応が遅れると命にも関わると言われた小林礼奈さんはTAKIUEさんに手術の同意書にサインを求めました。

しかし、TAKIUEさんは「娘がうんちしたから、おむつ買ってくる」と簡単にはお願いを聞いてくれなかったのだそう。

更に看護師から「手術中に急変したり、追加の手術が発生すると困るので、そばに居てあげてください」と言われているのに、「えれな(娘)の毛布、取ってくるわ」と家に帰ろうとしたとも言われています。

この話が事実ならば、さすがに小林礼奈さんや病院関係者も参ったものでしょう。

(4)悪口を書いたら10万円の罰金

TAKIUEさんは小林礼奈さんに罰金制度を設けていることでも話題になっているようです。

それは小林礼奈さんがTAKIUEさんの仕事上でマイナスになるようなことを書いたら罰金10万円が課せられるという制度のようです。

小林礼奈さんはこの罰金制度を承諾しており、ブログでは小林礼奈さんが書いた誓約書が公開されています。

TAKIUE 罰金誓約書

しかし、小林礼奈さんは既にTAKIUEさんの悪口をブログで書きすぎていることから罰金が200万円くらいになっているといいます。

因みにこの罰金制度は、小林礼奈さんに対する一方的な罰金制度ではなく、TAKIUEさん・小林礼奈さんお互い悪口を書いたら罰金10万円支払う決まりなのだそうです。

スポンサーリンク

モラハラは全てが真実ではなかった!

今までのモラハラエピソードを見るとTAKIUEさんが酷い旦那のようにも思われるかもしれませんが、TAKIUEさんは一部、モラハラエピソードを否認しているようです。

小林礼奈さんは以前に自身のブログにて、TAKIUEさんが渡していた生活費が月々たったの8万円だったと書かれてあったようです。

しかし、実際は月8万円で生活してもらったのは数カ月だけで、基本は月十数万円渡していたといいます。

「別居してさらにコロナが重なって仕事が減った時期の1、2ヶ月だけ8万円にしてもらった事はありましたが、基本的には毎月十数万円の生活費は渡していました」

引用:デイリー

更に小林礼奈さんのブログでは、わざとTAKIUEさんが悪いかのように誤解を招くような書き方がされていたり、名誉を傷つける箇所が何箇所もあったとTAKIUEさんは主張しているそうです。

夫婦関係のトラブルの本当の事実は、実際のところ2人しか分からないでしょう。

また、TAKIUEさんがしたとされるモラハラエピソードは全てが事実ではない可能性も十分に考えられます。

既に離婚してしまった2人ですが、今後の関係が修復されることを心からお祈りしております。

 

スポンサーリンク