歌手

【2021現在】平浩二はくも膜下出血に冒されていた…復帰の可能性は? 

平浩二

歌手や佐世保観光名誉大使として活動していた平浩二さん。

2021年4月5日、平浩二さんは山口県下関市でコンサートに出演中に、「くも膜下出血」により病院に緊急搬送されたという衝撃的なニュースが流れました。

恐らく病気とも知られる「くも膜下出血」ですが、平浩二さんの身は大丈夫なのでしょうか。

今回は平浩二さんの現在の病状復帰の可能性はあるのかについて掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

平浩二はくも膜下出血に冒されていた…

くも膜下出血で緊急搬送

2021年4月5日に平浩二さんはツアーコンサート先の山口県下関市にて、激しい頭痛・音が聞こえないといった体調に異変を感じたようです。

その後、山口県下関市の病院に緊急搬送され、検査の結果、「くも膜下出血」と診断されました。

そして、4月6日にはドクターヘリで大学病院へ搬送され、緊急手術を受けている模様です。

平浩二さんは残念ながら命の危険にさらされているのとには間違いなさそうですが、ただ助かることを祈るしかなさそうです。

くも膜下出血とは?

くも膜下出血とは、頭蓋骨の内側にあるくも膜下腔という部分が出血を起こした状態のことを差します。

40歳以上の年齢層で男性よりも女性の方が発症しやすい病気の一つです。

症状としては「突然、バットで頭を殴られたような強烈な痛み」が起こります。

恐らく、平浩二さんも同じような経験をしたのではないだろうかと推測できます。

突然に症状が現れ、患者の内の約半数が即死あるいは昏睡状態に陥る恐ろしい病気とも知られています。

スポンサーリンク

復帰の可能性は? 

突然のくも膜下出血により、病院に緊急搬送されてしまった平浩二さんですが復帰できる可能性はあるのでしょうか。

調査してみた結果、専門家によると、平浩二さんが再び歌手として復帰できる可能性は良くても25%という決して高くはない確率であることが判明しました。

辛うじて病院に搬入されて最善の治療を受けたとしても、病前の状態で社会復帰がかなうのは、約25%に過ぎない恐ろしい病気です。

引用:KOMPAS

更に「くも膜下出血」に罹った後の生存率について医療サイト調べてみたところ、その状態によってはとても低いようです。

くも膜下出血の生存率

  • 再出血を起こした場合…生存率 約50%
  • 再々を起こした場合…生存率 約20%以下
  • 昏睡状態やきわめて全身状態の悪い場合…手術治療すらできない

本当に残念ながら、現時点では平浩二さんが助かならい可能性の方が高いといえそうです。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は平浩二さんの現在の病状や復帰の可能性はあるのかについて調査していきました。

  1. 2021年4月5日、平浩二さんはツアーコンサート中に激しい頭痛などの体の異変を感じ病院に緊急搬送されていた。
  2. 平浩二さんは病院で「くも膜下出血」と診断され、2021年4月6日からは緊急手術を受けていた。
  3. 平浩二さんが再び復帰できる可能性は、残念ながら現時点で良くて25%と予測されている。

今回のニュースは、平浩二さんを応援しているファンの方々からしてはとてもショッキングな出来事でした。

また歌手として復帰できる可能性としては低いですが、平浩二さんの無事を心からお祈りしています。

スポンサーリンク