モデル

【東大王】鈴木光は勉強中に音楽を聴いていた?お勧めのクラシック曲は?

テレビ番組「東大王」で話題になった東京大学在学中の美人女子大生・鈴木光さん。

そんな鈴木光さんは勉強中に音楽を聴くこともあったそうです。

今回は鈴木光さんが勉強中に聴いていた音楽について掘り下げていこうと思います。

スポンサーリンク

【東大王】鈴木光の経歴&プロフィール

鈴木 光(すずき ひかる)

  • 生年月日  1998年9月18日
  • 出身地   東京都
  • 学歴    (中学・高校)筑波大学付属中学校・高校 (大学)東京大学法学部
  • 出演    東大王(レギュラーメンバー)

鈴木光さんは、単に高学歴なだけではなく、学力面での実力もかなり優秀だということが分かっております。

  1. 小学2年生時   英検2級に合格
  2. 中学3年生時   英検1級に合格
  3. 高校3年生時   東京大学法学部を推薦入試で合格
  4. 現在       大学1・2年生時の成績が上位3位以内にランクイン

鈴木光さんは、日本全国の同世代の大学生の中でも、最高級クラスの学力を持っている方だったのですね。

スポンサーリンク

鈴木光は勉強中に音楽を聴いていた?

鈴木光さんは、YouTube動画の「ベスト・クラシック100極」のインタビュー動画で、「勉強する時とかに(音楽)を聞くことが多い」と答えられていました。

勉強するときに音楽を聴くといったことは、音楽の歌詞など勉強以外の情報が入り、その結果として集中できず効率が悪くなるといったデメリットもあります。

しかし、鈴木光さんはクラシックのような勉強の妨げになりにくいような曲をセレクトしているようです。

クラシック音楽は、イライラした気持ちや落ち込んだ気持ちを癒す効果があると科学的にも証明されており、医療現場などでも良く使われるそうです。

音楽の種類によっては、クラシックのように勉強するにあたってメリットをもたれしてくれることも期待できます。

音楽を聴きながら勉強するメリット

  • リラックスして勉強できる
  • 場合によっては集中力・記憶力が上がることもある
  • 雑音をシャットアウトし、自分だけの世界に入り込むことができる
スポンサーリンク

お勧めのクラシック曲は?

クラシック音楽の中でも、鈴木光さんが勉強中に聴いていた曲はこちらの2曲になります。

アイネ・クライネ・ナハトムジーク

モーツァルトが作曲した曲の中でも、非常に有名な曲の一つですね。

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」とはドイツ語であり、日本語に訳すと「小さな夜の曲」という意味を表しています。

バイオリンなどの弦楽器の美しい音色が、精神を落ち着かせてくれますよね。

トルコ行進曲

西ヨーロッパの作曲家が、西ヨーロッパ人がオスマン帝国(通称:トルコ)の軍楽隊の音楽に刺激を受けて作曲した行進曲です。

場合によって、ピアノや打楽器など多様に楽器が用いられます。

落ち着いた曲というよりは、少々テンポが速い曲調なので、勉強の士気を高めてくれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク