スポーツ

静学が強い!優勝か!決勝進出!伝説のサッカー王国復活なるか!

第98回全国高校サッカー選手権大会の準決勝に静岡学園高校が矢板中央高校に1-0で決勝ゴールで勝利しました。

順調に優勝へとコマを進めている彼らですが、今年は優勝になるのか!期待が寄せられます。

スポンサーリンク

静学が強い!優勝は狙える?

今回の第98回全国高校サッカー選手権大会の準決勝は静岡学園高校が勝利し、24年ぶりに全国制覇なるかということで話題です。

今年はとても期待できそう!優勝を狙えるのではないかとtwitterでもたくさんのコメントが寄せられてきています。

前半戦0-0で終了し、後半戦も接戦で後半アディショナルタイムで静岡学園がゴール

前に攻め込んだ場面でPKを獲得しました。

これを松村選手がゴール右へ蹴り込んで、これが劇的な決勝ゴールとなり1-0の勝利となりました!

 

静学の強い理由とは?

静岡学園高校の特徴としては、伝統的に個々の技術力、インテリジェンスの高いチームとして知られています。

そして今年の注目となる選手はMF松村優太選手とMF小山尚紀選手です。

二人とも3年生の選手で、強力なドリブルを武器に、攻撃から守備への切り替えの速さも

あるチームとして貢献しています。

こちらの動画は2018年度に公開された静岡学園高校の試合動画です。

華麗なパス回しやテクニカルなドリブルが見れます。

こちらはハンサムな選手の動画をみつけましたよ♪

ドリブルの練習にも力を入れているようですね。

過去のOBの選手も凄い!!

  • 三浦 知良(横浜FC)
  • 南 雄太(横浜FC)
  • 永田 充(東京ヴェルディ1969)
  • 谷澤 達也(FC町田ゼルビア)

有名なサッカー選手を誕生させている高校とも知られ、将来的にもサッカー選手として活躍する選手もいるのではないかと期待できます。

先輩たちに続き将来活躍できることを応援したいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は第98回全国高校サッカー選手権大会の準決勝に見事勝利した静岡学園高校について記事を綴っていきました。
 
23年ぶりに準決勝に進出したことでも十分素晴らしい成果であり、今まさに24年ぶりの優勝の切符を手するところまでたどり着きました。
 
「静岡学園の伝説のサッカー王国復活」目指してこれからも頑張っていただきたいですよね!!