ドラマ

【親バカ青春白書】のドラマタイトルの意味は?ネタバレ情報はある?

親バカな父とその娘の姿を描いたドラマ【親バカ青春白書】が放送されることで話題になっています。

今回は【親バカ青春白書】のドラマタイトルの意味を考察していこうと思います。

【親バカ青春白書】のあらすじは?

『娘が大好きすぎて、娘と同じ大学の同級生になっちゃいました!!』というキャッチフレーズであり、父親として「可愛い娘をしっかり見守ってやりたい」といった娘をもつ父親ならではの感情が伝わりますが、同じ大学に入学するといった度の強さが面白性・興味性を引き立ててくれます。

また娘の方も父親の親バカっぷりに気づいていないピュアな心を持つ娘であり、面白くも父親の愛情が伝わる心温まるストーリーになっているでしょう。

ドラマを脚本した福田雄一氏も親バカの父親役ムロツヨシさんがいいと即答だったようで、彼の演技が面白かったと好評のドラマ『今日から俺は!』(先生役・ムロツヨシ)に次ぐ人気っぷりを出してくれるのではないかと予測されます。

スポンサーリンク

【親バカ青春白書】のドラマタイトルの意味は?

〇〇白書の本来の意味

白書とは、政府が発行する公式報告書のことで、政治社会経済の実態と政府の施策の現状について国民に周知させることを目的としています。

なぜ白書と呼ぶのかについてはイギリス政府が外交事情を国民に知らせるために発行した報告書の表紙が白く、white paper(ホワイトペーパー)と呼ばており、日本ではそのまま「white paper」を直訳したことで「白書」となったのが由来だそうです。

日本ではよく聞く白書として「子ども・子育て白書」「自殺対策白書」「警察白書」「防衛白書」などがあります。

タイトル名に『白書』とついたドラマは?

タイトル名に『白書』とついたもので有名なドラマは1993年に公開された「あすなろ白書」です。

女子大生・なるみを中心にした男女5人が登場する青春恋愛ドラマで、小学館の雑誌【ビックコミックスピリッツ】に掲載されていた漫画をドラマ化したものです。

『白書』とタイトルにつくものはドラマ以外にも小説・漫画にも多く見られますが、青春ものや恋愛系ストーリーが多い傾向に見られます。

【親バカ青春白書】の意味は?

白書の本来の意味「政府が発行する公式報告書」とドラマ名に使われている白書は一見全く関係のないように思われます。

おそらく、小説やドラマのタイトル名でよく使われている『白書』は政府の発行する本来の白書のように多くの国民(多くの視聴者)に見てもらいたいといった意味が込められているのではないでしょうか。

なので【親バカ青春白書】は「親バカの父が青春するストーリーを多くの人に見てもらえるようにした物語」といった意味合いを表していると予測できます。

また白書国民を影響する力も強いので影響力の大きい、小説・ドラマでいう多くの視聴者の感情を揺さぶる、感動を呼ぶのような意味も込められているかもしれませんね。

スポンサーリンク

【親バカ青春白書】のネタバレ情報はある?

【親バカ青春白書】は元ネタの原作漫画・小説などがなく、脚本家・福田雄一氏によるオリジナル作品のようです。

なので、ストーリーの展開や結末などは漫画・小説をドラマ化したドラマよりも予想しずらいでしょう。

ドラマのイントロダクションでは娘の通う大学のイベント(サークル、合コン、文化祭、ミスコン、就活など)の4年間のキャンパスライフを詳しく描いた作品のように紹介されています。

イベントや行事ごとに話の展開が繰り広げられるのかもしれませんね。

ドラマの結末に関しても、「娘が自立して親バカの父から離れてしまうのか?」、「いちいち首を突っ込む一見迷惑かもしれない親バカの父でもピュアな娘がいつまでも受け入れてくれるようなハッピーエンドで終わるのか?」予測は計り知れないです。

ネタバレ情報に関しては、ドラマ公開まで待ちリアルタイムで見て知る以外なさそうです。

 

スポンサーリンク