スポーツ

大坂なおみの会見の拒否理由は記者への怒り?ヤバすぎる質問集をまとめてみた!

大坂なおみ 画像

日本の女子プロテニス選手で自己ベストは世界ランキング1位の強さを誇る大坂なおみ選手

そんな彼女ですが、選手に義務付けられている試合後の記者会見に対して拒否したことが問題となり、罰金が科せられたことでも話題になりました。

なぜ、大坂なおみ選手は記者会見に対して拒否したのでしょうか。

今回は大坂なおみ選手が記者会見に拒否した理由や記者に尋ねられたヤバすぎる質問集について掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

大坂なおみの会見の拒否理由は記者への怒り?

会見を拒否する本当の理由

大坂なおみ選手が記者会見を拒否する理由について結論から言うと、自分自身や選手に対しての心の健康状態を守るためだと主張しています。

自分を含めたテニスプレーヤーたちが記者の心無い質問に心を痛めているのを実際に今まで見てきたようです。

更にそんな心無い質問をする記者がいる中で、選手に義務付けられている会見しなければ罰金だという考えはおかしいのではないかとも述べています。

みなさん、こんにちは。

私はローランギャロス(全仏オープン)では記者会見を行わないことを表明します。

アスリートの心の健康状態が無視されていると、記者会見を見たり、参加したりするたびに感じていました。

何度も同じ質問をされたり、私たちが疑念を抱く質問を受けたりすることが多く、私は自分を疑うような人の前には出たくありません。

敗戦後の会見場で泣き崩れる選手の映像を何度も見てきましたし、みなさんも見たことがあると思います。

落ち込んでいる人に追い打ちをかけるようなもので、そんなことをする理由が理解できません。

記者会見に応じないことは、大会に対する個人的な思いとは関係ありません。

若い時から私を取材してくれている報道陣もいますし、その大半とは友好的な関係を築いています。

ただ、〝会見するか、さもなくば罰金だ〟と言う大会の統括組織は、選手の心の健康状態を無視しており、笑うしかありません。

(全仏で払うことになる)高額な罰金が心の健康維持の慈善活動に寄付されることを願っています。

引用:産経新聞

記者会見は、いくら選手にとっての義務だからといっても質問内容によってはモラハラや嫌がらせとなり得る場合もあるのかもしれません。

特に試合で負けてしまった選手に対して、カメラが回っている場などで問い詰めるような質問は、選手の気持ちを全くもって考えていないと同然のこと。

選手にとって精神状態の悪化を更に加速させ、今後の選手生命に関わるリスクがあるのではないかと指摘します。

「人々がアスリートのメンタルヘルスについてあまり考えていないと感じていた」

「特に負けた選手をあのような場で問い詰めるのは、落ち込んでいる人を蹴落とすようなもの」

引用:THE DIGEST

確かに記者側も視聴者にとってただ興味をそそるような質問をすればいいというわけではなく、選手・記者そしてファンや視聴者にとってお互いに気持ちの良い質問をすべきなのかもしれませんね。

会見拒否した場合の驚異の罰金制度とは?

上記の大坂なおみ選手の表明文を見てみると、拒否した場合の高額な罰金制度についてもただ罰金を科せられるのではなく、選手の心の健康維持に役立ててほしいといった願いを込めています。

その高額な罰金制度とはどういったものなのでしょうか。

四大大会のルールによると、選手は試合終了から30分以内に記者会見に出席しなければならず、怠った場合はけがや身体的理由によるものでない限り、最大2万ドル(約220万円)の罰金が科される。

ジョコビッチは2019年全米OPシングルス4回戦で失格になった後に記者会見に出席せず、7500ドルの罰金処分となっていた。

引用:REUTERS

罰金ルールは厳しく、試合終了後30分以内に記者会見に出席することが原則と記載されています。

更に罰金の最大額は2万ドル(日本円で約220万円)とかなり高額です。

選手が試合に念願の勝利を収めた場合はもちろん快く取材に応じてくれると思いますが、その逆だった場合はかなりのショックを受けている場合もあります。

選手だとは言え人間なので、落ち込んでいるときはそっとしておいてほしいというのが本音でしょう。

スポンサーリンク

ヤバすぎる質問集をまとめてみた!

大坂なおみ選手が経験した記者の心無い質問とは一体どのようなインタビューだったのでしょうか。

2018年9月12日、大坂なおみ選手が全米オープンで4大大会シングルスの日本人初優勝を果たした際に日本国内で記者会見に参加しています。

しかし、記者の質問内容のレベルが酷いということでもネット上で話題になりました。

  • 「食べたいと言っていた抹茶アイスクリームは食べたのですか?」「なおみブームの現状をどう受け止めていますか?」
  • 「週末までに行ってみたいところはどこですか?」
  • 「そのパールのイアリングは特別な想いがあるものですか?」
  • 「インスタグラムに載せるためにどんな写真を撮りたいと思っていますか?」
  • 「日本語でメッセージを伝えるとしたらどんな言葉ですか?」
  • 「日本語でメッセージをお願いします」
  • 「大事にされている日本語は何ですか?」
  • 「日本語を学ぶ時はどのようにしていますか?」
  • 「今日はきれいにメイクアップされていて美しいですが、そんなご自分を見てどう思われますか」
  • 「日本のファンの声は届いていましたか?」「北海道の地震がプレーに与えた影響はありますか?」
  • 「かけてもらって一番嬉しかった言葉はなんですか?」

引用:exicite ニュース

この質問は大坂なおみ選手が好成績をおさめた時の記者の質問ですが、試合とは全く関係のないプライベートのことまで根掘り葉掘り聞いているので、質問された側からすると少し鬱陶しい気持ちを感じていたかもしれません。

また、他の選手に関して試合に敗北した後の記者会見の例を見てみると、大変失礼だと感じる質問もあるようです。

男子プロテニス・ナダル選手は記者会見での失礼すぎる質問に呆れてしまったといいます。

2019年11月「Nitto ATP ファイナルズ」にて、男子プロテニス・ナダル選手が初めてズベレフに敗北したときの記者会見

「多くの男性は新婚生活によってパフォーマンスに影響が出ることがあります。ナダルさんも結婚を機にテニスへの情熱が薄れているということは感じますか?」

大坂なおみ選手に限らず、記者会見での質問にネガティブな印象を持ってしまう選手は世界的に見ても少なくはないようですね。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は女子プロテニス・大坂なおみ選手の会見を拒否する理由について調査していきました。

会見を拒否する理由については、自身や他の選手の心の健康状態を守ることをモットーとしたものでした。

記者会見での質問の中には、選手を傷つけるもの・呆れてさせてしまうものなどがあるのも現実のようです。

試合後の記者会見は視聴者に興味を持たせるものとして大切なものですが、どうか試合後の選手にとっても気持ちの良いものとなることを願うばかりですよね。

スポンサーリンク