女優

小田茜の離婚理由は夫婦喧嘩?パイロットの旦那は生活にストレスを感じていた?

小田茜 画像

元・国民的美少女グランプリで女優として活躍している小田茜さんが、2018年頃離婚していたことが明らかになりました。

旦那さんは職業がパイロットで、女性なら誰でも結婚したいと思う職業に就いている男性なのになぜ離婚してしまったのでしょうか?

今回はなぜ、小田茜さんは離婚してしまったのかについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

小田茜の離婚理由は夫婦喧嘩?

小田茜は2008年にパイロットと結婚

小田茜さんは、2008年7月20日に日本航空(JAL)の副操縦士で8歳年上の男性と結婚されました。

出会いのきっかけは、2006年に知人の紹介で知り合ったもののお互いは意識せず、2007年からお互いを意識するようになり交際に発展したのだそうです。

小田茜さんの元旦那さんのような副操縦士の平均年収は1200~1500万円で高収入でもありますし、何よりも「パイロット」といった肩書きが魅力的ですよね。

2010年には第一子の男児を出産し、順調に幸せな家庭を築けているように思われました。

スポンサーリンク

離婚理由は夫婦喧嘩?

そんな一見羨ましいはずの小田茜さんでしたが2018年頃、旦那さんと離婚し、産んだ長男も旦那さんが引き取ったそうです。

離婚した理由は生活する中でお互い価値観が合わなくなったと、小田さんの知人がいっていたそうです。(スポーツ報知より)

離婚される前は、価値観が合わず夫婦喧嘩なんてしたことも多々あった可能性もありますね。

実は離婚理由ランキングの一位「性格の不一致」なんだそうです。

スポンサーリンク

パイロットの旦那は生活にストレスを感じていた?

パイロットは離婚率が高い職業としても知られているようです。

その理由は、職業柄生活が不規則なため、夫婦の間に溝ができやすいからです。

パイロットは飛行機とともに長い距離を移動するため、長時間勤務することもあり最長で3日以上も帰宅できない場合もあるようです。

また出勤時間もフライトの時間などに左右されるためバラバラです。

そのような職業柄だと夫婦で一緒にいる時間が少なくなってしまうので、お互いを理解する時間も少なくなってしまうでしょう。

また年1回、身体検査もあるため日々の健康作りには気をつけないといけません

なので、パイロットを旦那さんに持つ奥さんはかなり気を使わなくてはならない必要があります。

もし、自分のことばかり優先してしまうような方だと旦那側にストレスがかかり、結果的に離婚されるというケースが少なくないようです。

今回の記事のまとめ

今回は小田茜さんと元・旦那さんの離婚理由についてまとめてみました。

  1. 離婚理由の1番の原因は「価値観の違い」
  2. 旦那がパイロット(小田茜さんの元・旦那の職業)の場合、離婚率が高く、仲の良い夫婦関係を築いていくためにも奥さん側が旦那にしっかりサポートしてあげる必要性がある

独身となった小田茜さんですが、これからの活躍を応援しています。

スポンサーリンク