歌手

GACKT【野に咲く花のように】の曲誕生のキッカケは舞子高校!曲の意味は?

GACKTさんが自身の卒業ソングをミュージックステーションで披露することが話題になっています。

そこで今回はGACKTさんの卒業ソング「野に咲く花のように」の曲誕生のキッカケは舞子高校だという噂や曲の意味を掘り下げていこうと思います!

スポンサーリンク

GACKT【野に咲く花のように】の曲誕生のキッカケは舞子高校!

 

GACKTさんがこの曲を制作するキッカケとなった出来事は、2005年当時DJとしてラジオ番組を担当していた「GacktのFURACHIなオトコたち」(2003年4月5日~2005年3月26日)で、ラジオリスナーの少年から「自分の在籍する高校の学科コース(兵庫県立舞子高校 環境防災科)が定員割れ(欠員状態)なので応援して欲しい」と相談を受けたそうです。

その相談に対しGACKTさんは、「学科の意義や魅力を自らの手でアピールする活動を興してみてはどうか」と提案した上で、「定員割れを防ぐことが出来た場合、卒業式へ歌を書き下ろして贈る」と約束したのがキッカケだそう。

結果、兵庫県立舞子高校 環境防災科は定員割れ(欠員状態)を防ぐことができたと同時に、定員数を上回り、約束を果たす形で、楽曲制作に取り組み、2006年2月28日に卒業式のサプライズで兵庫県立舞子高校に登場し、その曲を披露したそうです。

スポンサーリンク

GACKTに相談した少年は誰?

GACKTさんにラジオで相談した少年ですが、北海道苫小牧(とまこまい)高校の卒業サプライズに出席していたようです。

彼は田中 涼君という少年で、GACKTさんが「涼、いるか?ほら立ってみろ。約束は守ったからな!」と優しく呼びかけました。

そして驚くことに涼君は驚くことに現在はGACKTさんのマネージャーをされているようで、人を大切にするGACKTさんが素晴らしいですね。

スポンサーリンク

GACKT【野に咲く花のように】の曲の意味は?

【野に咲く花のように】の歌詞

【野に咲く花のように】で伝えたかったメッセージ

 

GACKTさんが歌を披露した後、最後に卒業式に出席していた生徒に伝えたかったこととして彼はこう言っております。

「人生のお前たちのほんの少し前を歩く先輩としてこの言葉を最後に贈ります。“夢は見るものじゃない 夢はかなえるもの”そして“夢をかなえること それは強い意志を貫くこと”君たちの未来に期待します。卒業おめでとう!」

【野に咲く花のように】雨にも負けず風にも負けず、強い存在であってほしいことを意味しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク