歌手

槇原敬之は覚醒剤使用で顔面劣化がヤバいw若い頃のイケメン画像と比較!

新たな芸能人の薬物使用で逮捕された歌手・槇原敬之さんがニュースで話題になりましたね。

使用していた薬物は覚醒剤とみられ、1999年8月にも同じ覚醒剤使用で逮捕された経験があるため、これで2度目となります。

そんな覚醒剤の使用歴が長い槇原敬之さんですが、ニュースで彼の映像をみる限り顔面がかなり劣化したような印象を受けた方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな覚醒剤の使用で顔面が劣化した槇原さんの現在の画像や若かれし頃のイケメン画像をご紹介していこうと思います!!

スポンサーリンク

槇原敬之は覚醒剤使用で顔面劣化がヤバいw

【画像】槇原敬之の覚醒剤逮捕の現在

 

こちらが槇原さんの逮捕前の最近の画像とみられるものです。

この画像を見た感じだと白髪が混じったヒゲがボーボーに生えており、おまけに歯がガタガタでボロくなっており、劣化した印象がありますね。

槇原さんは1969年5月産まれで逮捕された2020年時点では50歳です。

芸能界で活躍されているアーティストは50歳近くの方でも若くみえる方が多いのですが、槇原さんの場合そういう風にはみえないですよね。

ちなみに同じ1969年産まれの福山雅治さん51歳はこんなにもかっこよくみえます。

 

【画像】槇原敬之の2017年版ハゲ姿もヤバいw

 

こちらは2017年の槇原さんの画像ということなので、当時47歳のときですかね。

確かに頭の髪の毛が薄くなってきており、おでこが広くなっていますよね苦笑。

もともと男性ホルモンが多そうな見た目をしていましたが、50歳近くになって年齢を感じてきた印象はあります。

もしかしたら覚醒剤の使用は髪の毛にも悪影響を及ぼすのかもしれませんよね。

【閲覧注意】覚醒剤を使用し続けた顔面劣化画像が恐ろし過ぎる!

覚醒剤の副作用は恐ろしいもので見た目にも劣化が現れてくることは皆さんご存知だと思います。

海外の女性で覚醒剤を使用し続けて、ゾンビのような恐ろしい見た目になってしまった画像がこちらです!!

いかがでしょうか?

覚醒剤ごときなんて思っていた方、まるでホラー映画をみているようなで恐ろしくなってきませんか。

確かに良い作用として脳に快感をもたらす、食欲が減る、ずっと寝ずにいられると聞いたら興味本位で使いたくなる気持ちも分かりますが、このような姿になると知ったら絶対に使いたくないですよね。

覚醒剤を使用することで元の人間の姿には戻れなくなってしまうのです。

槇原敬之の若い頃のイケメン画像と比較!

それでは、槇原さんが年齢も若く、薬物の影響が見た目に出てないイケメン画像と現在の姿を比較していきましょう。

 

こちらは、「君は僕の宝物」(1992年6月リリース)当時22歳の槇原さんですが、現在の50歳の姿の面影はあるものの、肌のはりや顔全体が引き締まっており、なかなかのイケメンではないでしょうか?

現在は残念ながら劣化してしまった槇原さんですが、歌手としても売れ始め見た目もイケメンな輝かしい時代もあったことを改めて蘇らせてくれます。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は覚醒剤使用で2度目の逮捕をされた槇原敬之さんについて、劣化した画像や若い頃のイケメン画像をまとめていきました。

  1. 現在(2020年2月、逮捕時)付近の槇原さんは、歯がボロボロ、ハゲてきている、ヒゲがボーボーという劣化した姿が見受けられる
  2. 覚醒剤を使用し続けた海外の女性の画像がホラーで恐ろしい
  3. 槇原敬之さんは22歳くらいのときは、今よりもかなり見た目がイケメンだった

それでは今回も記事をお読みいただきありがとうございました!!

 

スポンサーリンク