女優

【画像】深田恭子が適応障害でやつれてボロボロに?!3つの深い闇が原因だった?

深田恭子 画像

女優の深田恭子さんが、所属事務所の発表により2021年5月26日から芸能活動を休止することで話題になりました。

活動の休止の理由については体調不良で、医師からは適応障害という病気と診断されたようです。

また、最近では深田恭子さんの異変についてファンの方々からも心配されていました。

今回は深田恭子さんが適応障害を発症してからの異変や病気を発症した原因ともなる出来事について掘り下げていこうと思います。

スポンサーリンク

深田恭子が適応障害でやつれてボロボロに?!

適応障害発症までの経緯

深田恭子さんの所属事務所「ポリプロ」は、2021年5月26日に深田恭子さんが当面の間、休業することを報告しています。

理由は適応障害のため治療に専念するということで、2020年春ごろから発症していたことを明かしています。

昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より「適応障害」と診断されました。これにより当面の間 治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます

引用:週刊女性 PRIME

適応障害とは、環境の変化などの状況にうまく適応できないことがストレスになり、心身に支障をきたす症状のことをいいます。

専門家によると、発症の原因となるきっかけがあってから1カ月以内に発症するケースがあるため、2020年春ごろに深田恭子さんにとってショックなことがあった可能性が高いと言えそうです。

一般的に適応障害の患者は次のような出来事が原因で以下のような症状を発症するケースがあるといいます。

適応障害の原因となる出来事の例

引っ越し・転職・異動・昇進・入学・転校・クラス替え

適応障害の症状

【情緒的な症状】…抑うつ気分、不安、怒り、焦り、緊張による汗・手の震えなど

【身体症状】…不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲れやすい、頭痛、肩こり、腹痛、めまいなど

【問題行動】…欠勤・欠席、遅刻、早退、暴飲暴食、ギャンブル中毒、物を壊すなど

引用:練馬駅前メンタルクリニック

【画像】深田恭子がやつれていた?

深田恭子さんは適応障害を発症してから、顔がやつれたように見えるということでファンの方々の間では心配されていました。

2019年頃と2021年4月頃の深田恭子さんの顔画像を比較してみると、肌にハリがなくなり、顔の周りの肉がなくなりシワが増えた印象があります。

よってファンの方々の間では「やつれた」と表現されていたのではないかと考えられています。

深田恭子 やつれた 画像

適応障害の身体症状では食欲不振がでる場合があるので、食欲が減ってしまったことにより顔が痩せてしまった可能性もありそうですよね。

またドラマプロデューサーによると、深田恭子さんは通常はぽっちゃりとしていて太りやすい体質なのですが、恋愛報道がでたときなど急に痩せてキレイになることもあるそうです。

環境の変化によって、体型も変化しやすいのではないかと予測できます。

【動画】イチゴをポロリ事件

2021年5月24日に開催された「キリン 午後の紅茶」新商品&新プロジェクト記者発表会で深田恭子さんが登場した際には、イチゴを試食中にポロリと落としてしまうといったアクシデントがありました。

動画では皿にあるイチゴを食べようとした深田恭子さんが、ようじに上手く刺さらず、テーブルの上にイチゴを落としています。

また、インタビューでの声もかすれ気味をいうこともあって体調不良が原因なのではないかと話題になりました。

ストレス・疲れが溜まり過ぎていると注意力が散漫になるという症状がでるため、ネット上では現在、発症している適応障害と関係があるのではないかと嘆かれているようです。

スポンサーリンク

3つの深い闇が原因だった?

ネット上で噂されている深田恭子さんの適応障害を発症していまった原因について紹介していきたいと思います。

原因1:新型コロナ流行によるストレス

国民全体が自粛生活を強いられるなど大きな影響を及ぼした新型コロナウイルスですが、深田恭子さんも新型コロナの影響によるストレスで適応障害を発症してしまったのではないかという説もあるようです。

まず、深田恭子さんの体調不良がでたのは2020年春ごろですが、ちょうど日本中で新型コロナの感染が流行りだし国民全体が仕事面・私生活などで不自由を感じ始めた時期だとも言えます。

芸能界でも放送予定ドラマが延期されるなど大打撃を受けました。

更に、芸能人・一般人の間では、新型コロナが流行り出してから自死される方も増加したことでも話題になりました。

深田恭子さんも浮き沈みの激しい芸能界で活動されているので、新型コロナによる影響を受けていた可能性も十分に考えられます。

原因2:仕事面でのストレス

深田恭子さんは、自身が出演していたドラマの視聴率の低下などが原因でストレスを受けていたのではないかとも考えられています。

2019年と2020年に放送された「ルパンの娘」シリーズでは、深田恭子さんが主演を務めていることでも有名です。

2019年7月度に放送された「ルパンの娘」第1シリーズでは最終回の番組視聴率が9.8%という人気を誇っていました。

しかし、2020年10月度に放送された「ルパンの娘」第2シリーズでは、番組視聴率が低迷(最終回番組視聴率 4.8%)。

主演として役作りに励んでいた深田恭子さんにとってはかなりショックで、既に発症していた適応障害の病状を加速させてしまった可能性も考えられます。

2021年7月に放送予定だった連続ドラマについても、適応障害で降伏しているので、仕事のストレスが原因だった説もかなり有力です。

原因3:彼氏との破局問題

深田恭子さんは当時、結婚前提にお付き合いをしていた彼氏である「不動産会社株式会社シーラホールディングス取締役会長」の杉本宏之さんとの破局が原因で適応障害になったのではという説もあるようです。

2019年1月頃、2人は金沢旅行の写真をスクープされ結婚間近なのではないかと噂になっていました。

しかし、芸能記者によると深田恭子さん側は早く彼と結婚したいと考えていましたが、杉本さん側は結婚する気はサラサラなかったのこと。

「結婚秒読みといわれた2人ですが、一刻も早く結婚したい深田に対し、どうやらカレ氏の方が乗り気じゃなくなっているそうです。カレ氏はバツ2で、一時は韓国人の女優とも婚姻関係にあった。言い換えれば飽きっぽい性格で、散々遊んだ深田に飽きて、結婚するほどじゃないと判断している可能性もある。実際、深田は《破局しても財産を請求しない》という〝婚前契約書〟にサインさせられているとの報道もあるほどです」(同・記者)

引用:exicite ニュース

この説が仮に事実だとしたら、深田恭子さんが2020年春あたりから何かしらのトラブルがあり、順調だった恋が一気に撃沈してしまったのかもしれませんね。

破局による精神的なストレスが、適応障害に繋がったことも少なからず考えられそうです。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は深田恭子さんの発症した適応障害による見た目の変化や原因は何だったのかについて調査していきました。

何かしらの原因があって適応障害になってしまったのは事実ですが、ネット上で噂されている体調不良の原因は悪魔で推測であり、詳しい事実は未だに分かっていません。

深田恭子さんの体調が早く良くなり、また元気な姿を見られることを心よりお祈りしています。

スポンサーリンク