災害

熊本県人吉市の2020年洪水被害状況!【画像】浸水災害や行方不明者の状態は?

2020年の梅雨入り宣言をしてからしばらく立ち、7月4日、九州地方では豪雨の影響で洪水災害が相次いでいます。

特に熊本県内では水かさが増し、浸水災害に見舞われ建物が沈むなど大変な状況になっているようです。

そこで今回は2020年の熊本県人吉市の浸水被害画像や行方不明者の状況について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

熊本県人吉市は洪水が起こりやすい地域

熊本県人吉市は熊本県の最南部にある市であり九州山地に囲まれた人吉盆地にあります。

城下町として栄えていた市ですが、年中多雨で熊本県の中では洪水が起こりやすい地域としても有名です。

過去に何度も洪水被害を経験しており、堤防設備も氾濫するリスクがあるといわれています。

洪水被害を少しでも避けるために、画像のように電柱に「洪水痕跡」表示版を貼り付けるなどして住民の皆さんは工夫をされていたことが分かりますね。

スポンサーリンク

熊本県人吉市の2020年洪水被害状況!

今回起こってしまった2020年7月4日の熊本県人吉市の洪水被害でも浸水災害など大規模な被害を受けているようです。

【画像】浸水災害は?

こちらは千葉市議員の田畑直子さんが人吉市の様子を画像で投稿されています。

こちらの動画でも辺りを見渡す限り、車や一回の高さの建物が沈んでしまっています。

浸水の深さでいうと大体3mくらいだと思われます。

 

こちらの動画ではくま川鉄道が浸水してしまっている様子を捉えています。

 

スポンサーリンク

行方不明者の状態は?

2020年7月5日時点、災害が起こって一日たった現段階で熊本県全体で16名の方が心肺停止、14名の方が行方不明となっているようです。

人吉市では9人の方の死亡が確認され、3人が現在行方不明になっているようです。

自衛隊員の方々などの一刻も早い救助を願うばかりです。

 

スポンサーリンク