ニュース

新型コロナウイルスの高齢者のできる対策はマスク?元気で長生きのために

中国の湖北省武漢市の海鮮市場を始めとした新型コロナウイルスが今中国で流行り死者が106人(2020年1月28日)となったことがニュースで報じられ衝撃を生みました。

日本でも極少数ですが、新型コロナウイルスに感染した患者が確認され対策をしっかりと練っている地域もあり、少々警戒していることが伺えます。

日本では少子高齢化で元気で長生きしてくださるお年寄りの方が増えてきていうことは長寿大国日本としてもありがたいことですが、大事な命を新型コロナウイルスに奪われたくはありませんよね。

今回はそんな日本でもし新型コロナウイルスが流行った場合、高齢者ができる対策をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの症状は?

症状としては、ウイルスが原因とみられる発熱や呼吸困難を訴える患者が多く、ウイルス性肝炎の症状に似ています。

最初の症状は風邪に似ているようで、ただの風邪だと思って、放置していたらウイルス性肝炎だったってこともあるそうです。

特に小さな子どもや高齢者など免疫力が低下している方は注意が必要で、軽くみていた症状が悪化する可能性もあるので十分に気をつけたいところですよね。

現時点(2020年1月28日)では症状がでた人が4500人超、死者が106人と感染が徐々に広まっているようです。

新型コロナウイルス高齢者のできる対策は?

それでは、新型コロナウイルス感染予防にできる高齢者の方の対策について書いていこうと思います。

感染症に詳しい防衛医科大学校の加來浩器教授や海外の感染症に詳しい東京医科大学の濱田篤郎教授はやはり、手洗いやアルコール消毒を頻繁に行うことが予防に大切だといわれております。

そして中国人観光客の乗る可能性のある公共のバスやタクシーや電車に乗車するときはマスクの着用を徹底することも忘れずにと呼びかけています。

【正しい手の洗い方はこちら!!】

他にも予防をする上で大切なことは

  1. 睡眠時間を十分のとること(7~8時間)
  2. 規則正しい食生活をすること(一日3食、不足しがちな栄養素をしっかり摂る)
  3. くしゃみをするとき顔を覆わない(ウイルスのついた手で顔を覆うと感染する恐れがあるため)
  4. ウイルスのついた手で顔の部位を触らないようにする
  5. 少しでも症状が現れた場合はできるだけ早めに受診する
スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は新型コロナウイルスの対策について特に高齢者の方々向けに予防のための記事をかいていきました。

コロナウイルスが徐々に広まりつつある、世の中ですが十分に対策をしお年寄りの方でもこれからまだまだ元気に過ごしていけることを目指していきましょう!

それでは今回も記事をお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク