髪型

【危険なビーナス】ディーンフジオカの髪型を真似したい!オーダー&セット方法を解説

危険なビーナス 画像

ドラマ「危険なビーナス」でレストランオーナーの矢神勇磨役をディーンフジオカさんが演じることで話題になっています。

今回は「危険なビーナス」でのディーンフジオカ風の髪型のオーダー&セット方法について解説していこうと思います。

スポンサーリンク

【危険なビーナス】ディーンフジオカの髪型

矢神勇磨役のディーンフジオカさんの髪型の画像は以下のようになります。

ディーンフジオカさんと同じ世代の40代男性に似合いそうな、男らしくて清潔感のある髪型ですね。

七三分けにした上で、前髪をアップバングにしていることが分かると思います。

オーダー&セットする際に、参考にされてみてください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. 危険なビーナス Twitterより。 #危険なビーナス #東野圭吾 #10月スタート #ディーンフジオカ

sononnn(@sononnn)がシェアした投稿 –

 

スポンサーリンク

オーダー&セット方法を解説

オーダー方法

「危険なビーナス」のディーンフジオカ風の髪型のオーダー方法をポイント別で解説していきたいと思います。

【前髪】

セットした際にアップバング(前髪をかき上げてセットする)ので、前髪を短く切り過ぎたり軽くし過ぎると、セット時にボリュームを付けづらくなってしまいます。

大体ですが、オーダーする際は前髪の長さは眉と目の間くらい、重めにカットしてもらうように伝えましょう。

【サイド】

ディーンフジオカさんの横髪を見ると耳がしっかり出ていることが分かりますが、セット時に横髪を耳にかけるように流しているように見えます。

オーダーする際は、耳に少しかかる程度にカットしてもらいましょう。

またモミアゲは自然に残すように切ってもらうとよいでしょう。

【トップ】

ディーンフジオカさんの今回のヘアスタイルは、しっかりと髪の毛のボリュームを残してカットされているように見えますね。

トップは重めになるようにオーダーしましょう。

セット方法

ドライヤーで形を作る

(1)髪を濡らした状態からスタート

(2)完成した髪型をイメージしながら、ドライヤーで髪を8割くらい乾かす。

【髪の分け目はボリュームをつける】

(3)髪の分け目にブラシを当てる→ドライヤーの熱を当てる→ブラシを少し逆方向に戻す

【前髪はボリュームをつける】

(4)前髪にブラシを当てる→ドライヤーの熱を当てる→ボリュームを出したい部分で前髪を折りこむ

【横髪はボリュームを抑える】

(5)横髪にブラシを当てる→ドライヤーの熱を当てる→流したい方向と少し逆側に戻す→流したい方向に流す

使用する整髪料の種類や量

使用する整髪料はハードジェルがオススメ!

※動画で使用しているのはMoltoBene Loretta ハードゼリー300g

 

 

(6)ジェルを通常のワックスの約3倍の量を手のひらにとる(ワックスを一回分の量は小豆1粒分なので、小豆3粒分を目安にしましょう)

(7)ジェルを指の間にもしっかりのばしてつける

ジェルを髪全体に馴染ませる

(8)後頭部は、片手で髪を上に持ち上げてから、もう片手で左右に手を振りながらつける

(9)トップ・サイドも同じように、片手で髪を上に持ち上げてから、もう片手で左右に手を振りながらつける。

(10)前髪は、根っこの方にジェルを付けすぎないことがポイント!(立たせた前髪の表面を手のひらで撫でるイメージ)

仕上げ

最後の仕上げにボリュームを出したくない部分、サイドを抑える

(11)手のひらのジェルを少量、サイドにつける→流したい方向と逆側に少し戻す→流したい方向に流す

補足:ディーンフジオカさんの場合、横髪を耳にかけるようにセットされています

完成!

参考動画:BARBER GARGOYLLE CHANNEL

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回はドラマ「危険なビーナス」で出演される矢神勇磨役をディーンフジオカさんの髪型のオーダー&セット方法について解説していきました。

【1】黒髪のショートで全体的に重めになるようにオーダーする。

【2】七三分けのアップバングスタイルで、横髪のボリュームを抑えるようにセットする。

上記のようなことを意識してオーダー&セットされてみてくださいね!

スポンサーリンク