アイドル

城島茂と菊池梨沙との馴れ初めはナンパだった?女好きなエピソードもヤバかった…

城島茂

アイドルグループ「TOKIO」のリーダーであり、株式会社TOKIOの社長でもある城島茂さん。

2019年9月28日には元グラビアアイドルの菊池梨沙さんと結婚されたことでも話題になりました。

今回は城島茂さんと菊池梨沙さんの馴れ初めエピソードについて掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

城島茂と菊池梨沙との馴れ初めはナンパだった?

出会いのきっかけは食事会

2019年9月28日に結婚した城島茂さんですが、この日に行われた記者会見にて、菊池梨沙さんとの出会いのきっかけについて答えています。

城島茂さん本人曰く、初めて菊池梨沙さんと出会ったのは2015年秋にあった友人たちとの食事会だったと話しています。

食事会が行われた場所は城島茂さんの行きつけの店であり、友人が菊池梨沙さんを誘ったと報道されています。

城島茂さんは菊池梨沙さんのルックスや古風で真面目な性格に惹かれたそうです。

菊池梨沙さん側もプライベートでは年上の男性好きだと答えているようだったので、お互い意気投合したのではないかと考えられます。

交際について質問が及ぶと「今から4年前、2015年の秋に友人を交えた食事会が最初の出会いでした」と振り返り、第一印象については「かわいらしい方、真面目そうな方だなと。最初は好印象でした」と回答。

引用:ORICON NEWS

それから、2015年内に城島茂さんからアプローチし、4年後に結婚までに至りました。

出会いのきっけけがナンパだった説も…

城島茂さんと菊池梨沙さんの出会いのきっかけは友人を介した食事会だという情報がある中、それとは異なる城島茂さんが菊池梨沙さんにナンパしたのが交際のきっかけだったといった情報もあるようです。

大手ニュースサイト「サイゾーウーマン」によると、城島茂さんが行きつけの高級ラウンジにて酔った勢いで女性にナンパしていた時期があったのだそう。

菊池梨沙さんは当時ラウンジで働いており、そのナンパされた女性の一人だといいます。

城島は週の半分ほど入り浸っていた都内の高級ラウンジで片っ端から女性へ連絡先交換を迫り続けた時期があり、かつてそのラウンジで勤務していたことがある菊池も声をかけられた女性の中の1人だったという。また、泥酔して見境なしに女性へ連絡先を交換しようとする城島がラウンジから「イタ客扱いされていた」ことも関係者の証言で伝えている。

引用:exicite ニュース

城島茂さんが結婚の会見で話していた事実とは異なるため、単なるデマの可能性もありますが、謙虚な性格な彼がイケイケのナンパする男性だったとするとかなり驚きですよね。

スポンサーリンク

女好きなエピソードもヤバかった…

城島茂さんの妻・菊池梨沙さんとの出会いがナンパだったという情報もある中で、彼が以前から女好きだったといった噂もあるようです。

週刊誌などでは、城島茂さんが高級ラウンジやキャバクラに出入りしている写真が話題になっていたこともあります。

城島茂

そんな中、ニュースサイト「文集オンライン」では城島茂さんのヤバすぎる女好きエピソードを紹介していたことでも知られているようです。

ヤバすぎる女好きエピソード

  1. キャバクラ・高級ラウンジにて若い女の子を指名し、そのたびに「女は21歳までや」と口癖のように話していた
  2. 指名した女性が席に着くと、「ピチピチやなあ」と言いながら体を弄る“おさわり行為”が始まる
  3. 菊池と交際中にも広告代理店やタレントの女性を食事に誘い、気にいるとどんどん連絡先を聞いていた

引用:エンタメMEGA

一部では、「女は21歳までや」という差別用語だったり、〝おさわり行為〟といったセクハラ的な行為や交際中にも関わらず他の女性に連絡先を聞くといった浮気行為が、城島茂さんのイメージダウンになったといいます。

もちろん、城島茂さんの女好きエピソードが事実だという証拠はないので、単なるゴシップネタである可能性も十分と考えられます。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は城島茂さんと菊池梨沙さんの馴れ初めエピソードについて調査していきました。

  • 城島茂さんと菊池梨沙さんの出会いのきっかけは、高級ラウンジでのナンパだった噂がある。
  • 一部では、城島茂さんのヤバすぎる女好きエピソードが報道されている

などから、城島茂さんと菊池梨沙さんの夫婦の不仲や離婚危機も心配されそうですが、その心配は現在はないようです。

菊池梨沙さんのInstagramでは、夫・城島茂さんとお揃いの帽子を映した写真や家族への手料理写真が投稿されており、まだまだ仲良し夫婦だという様子が伝わります。

こらからも、城島茂さんと菊池梨沙さんが夫婦円満であることを心よりお祈りしています。

 

スポンサーリンク