アイドル

JKT48のリストラメンバー26人は誰?人員削減の理由は収入の激減だった!

インドネシアの首都・ジャカルタを中心に活動をしている女性アイドルグループ・JKT48

世界中で新型コロナウイルスの感染が流行る中、JKT48の活動にも影響し、2021年1月11日にJKT48の公式サイトでメンバーの4割を特別卒業させることを発表しました。

今回はそのJKT48のリストラ(卒業)メンバーは誰なのか?や人員を削減した理由について掘り下げていこうと思います。

スポンサーリンク

JKT48のメンバーがリストラ?!

2021年1月11日に、JKT48公式サイトでは「JKT48再編に関するお知らせ」(日本語訳)と題して、人員を削減することを発表しました。

JKT48再編に関するお知らせ
 
JKT48をご支援いただきありがとうございます。
 
昨年11月10日に発表されたように、インドネシアでのCOVID-19パンデミックの影響により、2020年3月中旬から現在に至るまで、JKT48の活動は非常に困難になっています。昨年末、経営陣と関係者は、JKT48の解散を防ぐ方法を考えるために継続的な議論を行いました。
 
これらの議論の結果から、生き残るための唯一の方法は、JKT48のメンバーとスタッフの数を減らすことです。グループ内で大規模な変更を行うことにしました。とても大変なことですが、すべてをゼロから作り始めるしかないのです。
 
そのため、「JKT48特別卒業式」イベントでこのグループから分離するメンバーを卒業させていただきます。このイベントは2月末に開催されます。
 
引用:JKT48 公式サイト 日本語訳より
 
スポンサーリンク

JKT48のリストラメンバー26人は誰?

JKT48の本来のメンバーは65名ですが、4割のメンバー26人が卒業します。

その中でも「アカデミークラスA」(正規メンバーに昇格する前の段階のメンバー)は15人中11人が卒業することとなりました。

チームJ

(1)Adriani Elisabeth(アドリアニ・エリサベス)

(2)Amanina Afiqah(アマニーナ・アフィカ)

(3)Diani Amalia Ramadhani(ディアニ・アマリア・ラマダニ)

(4)Gabriel Angelina(ガブリエル・エンジェリナ)

(5)Nabila Fitriana(ナビラ・フィトリアナ)

(6)Riska Amelia Putri(リスカ・アメリア・プトゥリ)

 
(7)Sania Julia Montolalu(サニア・ジュリア・モントラル)
 

チームKIII

(8)Anastasya Narwastu Tety Handuran(アナスタシャ・ナルワストゥ・テティ)

(9)Fidly Immanda Azzahra(フィドリ・インマンダ・アッザフラ)

(10)Kandiya Rafa Maulidita(カンディヤ・ラファ・マウリディタ)

(11)Nurhayati(ヌルハヤティ)

(12)Rinanda Syahputri(リナンダ・シャープトゥリ)

チームT

(13)Aurel Mayori(アウレル・マヨリ)

 
(14)Umega Maulana(ウメガ・マウラナ)
 

(15)Viona Fadrin(ヴィオナ・ファドリン)

アカデミークラスA

(16)Caithlyn Gwyneth(ケイトリン・グイネット)

(17)Chalista Ellysia(カリスタ・エリシア)

(18)Christabel Jocelyn(クリスタベル・ジョセリン)
 

(19)Cindy Nugroho(シンディ・ヌグロホ)

(20)Febi Komaril(フェビ・コマリル)

(21)Febrina Diponegoro(フェブリナ・ディポネゴロ)

(22)Gabriella Stevany(ガブリエラー・ステファニー)

(23)Keisya Ramadhani(ケイシャ・ラマダニ)

(24)Nabila Gusmarlia(ナビラ・グスマリア)

(25)Putri Elzahra(プトゥリ・エルザーラ)

(26)Shinta Devi(シンタ・デフィ)

スポンサーリンク

人員削減の理由は収入の激減だった!

JKT48メンバーの4割を人員削減をしましたが、その一番の理由は収入の激減によるリストラだったようです。

新型コロナ感染防止のためインドネシアでも対策をとっていますが、アイドルとして生計を立てている彼女たちにとってコンサートや握手会が中止されることで収入が激減することは致命傷でした。

JKT48メンバーの収入についての情報はあまりありませんが、平均月収3万円(日本円)もあれば暮らせていけるインドネシアでも、JKT48のメンバー削減がされたということはかなり苦しい状況だったのでしょう。

JKT48の今回の特別卒業メンバーの中には熱狂的がファンもいるほどの人気メンバーもいましたが、運営チームは全てを0から作り直す道を選択しました。

また今後、特別卒業したJKT48のメンバーたちが再び活躍できることを応援していくしかなさそうです。

スポンサーリンク