アイドル

日向坂46握手会中止!次の再開日はいつ?コロナが去る時期まで予測!

2020年1月に中国で流行った新型コロナウイルスの影響で国内感染者も出てきており、周りに注意を呼びかけるニュースも多くなってきましたね。

そんな中、AKB48や日向坂46を含む人気アイドルグループの握手会が延期になったことも話題になりました。

残念な話かもしれませんが、コロナウイルスに感染しないためには仕方のないことなのかもしれませんよね。

今回はそんな握手会が中止になった日向坂46の握手会について記事をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

日向坂46握手会が中止!

日向坂46の握手会が予定されていた2020年2月2日(日)個別握手会(東京ビックサイト)が中止され開催延期になりました。

理由は新型コロナウイルスの影響で感染者を増やさないためにもファンの方々や日向坂46のメンバー、スタッフの安全を考えたためらしいです。

確かに感染症などに詳しい医師たちは、手洗いを徹底し感染症を防ぐことを呼びかけているくらいなので、握手会という他人と他人が手の触れ合う行為は、コロナウイルスが流行っている現段階では危険なものだと言えますね。

ファンとしても、愛する日向坂46のメンバーを感染させたくはないでしょうし、日向坂46メンバーとしてもこの握手会でコロナに感染したファンがいたとニュースを聞いたら悲しむことでしょう。

お互いの気持ちを考慮したと考えたら、仕方のないことです。

日向坂46握手会の次の再開日はいつ?

日向坂46の公式サイトによると、2020年2月2日の個別握手会は「開催延期となりました」と載せてありました。

次の再開日はまだ特定できませんが、コロナウイルスの流行りが引くまでもうしばらく待った方が良さそうですね。

他にも2020年2月の握手会のスケジュールは公式サイトによると、9、22日も同じく東京ビックサイトで24日にはパシフィコ横浜で開催される予定ですが、これらももしかしたらコロナウイルスの報道がなくなるまで延期される可能性が高いです。

もう少し辛抱は必要かもしれませんが、ファンからしたらやはりコロナウイルスが去ったときに好きな日向坂46のメンバーにマスクを取った状態で生の手でギュッと思いっきり握りしめられたいものですよね。

次の再開日がいつになるかを公式サイトなどを利用して頻繁にチェックした方が良さそうです。

コロナウイルスが去る時期は?

新型コロナウイルスが去れば、握手会が中止される恐れがなくなります。

ということで、コロナウイルスが去るであろう時期を予測してみました。

新型コロナウイルスとは新型肝炎のことで、過去に似たような病気としてSARS(サーズ)やMERS(マーズ)が取り上げられます。

SARS(サーズ)はSARSコロナウイルスによる感染症で2002年11月から2003年7月にかけて流行りました。

MERS(マーズ)はMERSコロナウイルスによる感染症で2012年9月~現在(2020年1月)まで流行しているようです。

しかし、感染症に詳しい日本の医師たちによるとSARS、MERSほど新型コロナウイルスはひどい影響も及ぼさないと考えられているでここまで長く流行り続けるとは思わないほうがいいかもしれません。

流行っても3~4ヶ月くらいで、その期間以内には握手会が再開されると考えてもいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は日向坂46の握手会が延期されたことについて取り上げて記事を書いていきました。

  1. 日向坂46の握手会はコロナウイルスの影響で中止になったが、ファンとメンバーお互いのことを考慮した上で仕方のないこと
  2. 次の再開日についてもまだ詳しく分かっておらず、他の2020年2月の握手会も延期されるかも
  3. SARS、MERSコロナウイルスは8ヶ月以上に渡り流行したが、新型はそれほどでもない見込み

それでは今回も記事をお読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク