アイドル

元AKBの仲川遥香の生い立ちや現在は?インドネシアでの年収がヤバい!

爆放!THE フライデーに元AKB48のメンバー仲川遥香さんが児童養護施設で育った過去などをカミングアウトすることで話題になっています。

そこで今回は仲川遥香さんの生い立ちや現在について掘り下げていこうと思います!

スポンサーリンク

元AKBの仲川遥香のプロフィール

仲川遥香(なかがわ はるか)

  1. 生年月日  1992年2月10日
  2. 現年齢   28歳
  3. 出身地   東京都
  4. 血液型   O型
  5. 身長    160cm
  6. 事務所   電通インドネシア
  7. 主な活動内容  女優

2006年第3期AKB48追記メンバーオーデション合格→元AKB48チームBメンバー→

元AKB48チームAメンバー

2012年JKT48 に移籍→元JKT48チームTキャプテン→チームJメンバー

スポンサーリンク

元AKBの仲川遥香の生い立ちは?

彼女は5人兄弟姉妹の第2子です。(第4子以外は女子)。

3歳頃に両親が離婚した原因で、物心がついた時からおばあちゃんと暮らし、児童養護施設に入っていたこともあようです。

彼女は当時の頃をこう語っているようです。

父親は仕事であまり家に居なかったので「おばあちゃんが母と父の代わり」だった。おばあちゃんに感謝しつつ、やはり小学生や中学生時代は「正直辛かったし寂しかった」と明かす。小学3年生からは、遠足などの行事は自分でお弁当を作ったそうだ。

おばあちゃんの体調が悪くなって入院した時には児童養護施設に入ったが、優しいスタッフに恵まれ「正直楽しかったです。周りにいる子がみんな同じ気持ちでなんか本当のお姉ちゃんは妹みたい」だったと振り返る。

TechinsightJapan編集部

 

寂しい思いをしながらも、爆放!THE フライデーで語られる児童養護施設の生活はなんとか楽しめたようですね。

スポンサーリンク

元AKBの仲川遥香の現在は?

Twitterでの投稿は?

日本とインドネシアの首都ジャカルタを行き来する忙しい日々を送っているようですね。

インドネシア語と日本語の使い分けた投稿も素晴らしいです。

インドネシアでの年収がヤバい!

2019年1月7日放送の『ヒロミーティング~またTVでイジリたい人達~』(日本テレビ系)で彼女が年収がヤバいことが話題になりました。

2012年、AKB48からインドネシア・ジャカルタのJKT48に移籍した仲川。女性タレントがテレビではっちゃける姿が珍しがられ、一躍ジャカルタトップタレントにのし上がり、6年間で契約したCM数はなんと20本以上!インドネシアのCM女王に君臨しているという。

「年収は1,000万円より上ですか?下ですか?」と直接的に尋ねるくっきーに、「上です」と笑顔の仲川。しかも、インドネシアの平均年収は27万6,000円と低いため、日本でいえば1億円を超えているんだとか。

めるも編集部

インドネシアでの芸能活動の活躍っぷりの凄さもわかりますね。

また2017年には

2018年日本インドネシア国交樹立60周年親善大使に任命されたことを発表

「世界で最も影響力のあるツイッターアカウント」(女性の部)において、2年連続で7位

という実績も残されています。

愛車はランボルギーニ?!

またその年収の高さが故に愛車がランボルギーニだいう噂もあるようですね。

価格としては約2500万~6000万の間です。

事実かどうかは不明です。

最近のInstagramの投稿では愛車なのではないかという画像を発見しました。

こちらも本当に愛車なのかどうかは不明です。

 

インドネシア語がペラペラ!

 

インドネシアの暮らしを始めた2012年秋は「言葉が通じないので、日本人スタッフとだけ行動し、メンバーとも打ち解けられませんでした。テレビ番組に出演しても、言葉が通じないので、うまく話すことができませんでした。」と語っていたそうで、到着の3日目にはアメーバ赤痢という伝染病に感染し苦しんだようです。

そんな彼女がインドネシア語を上達させたポイントは「あれ何?」「これ何?」と相手が嫌がるまで聞きまくり、覚えた単語は間違っていてもお構いなしにどんどん使うようにしたそうです。

そしてあるインドネシアの人気トーク番組出演時に片言のインドネシア語を話し、アドリブで目立つキャラを演じ盛り上げたことで一気にブレークしたそうです。

彼女の今後の活躍にも期待できそうです。

スポンサーリンク