歌手

【画像】福山雅治の子供時代がかわいい!壮絶な生い立ちも経験していた?

シンガーソングライターの福山雅治さんは何歳になっても爽やかな見た目で、ユーモアのある性格などで多くのファンから支持を得ています。

今回は福山雅治さんの子供時代のかわいい画像壮絶な生い立ちについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

【画像】福山雅治の子供時代がかわいい!

福山雅治さんの子供時代の写真がネット上で公開され、「かわいい!」という声が上がっているようです。

福山雅治さんは1969年2月6日生まれで生まれた時の体重は4000g以上あり、体が大きな赤ちゃんだったそうです。

自身のInstagramでは51歳の誕生日を迎えた際に、赤ちゃんの頃だった写真を公開していますが、ファンの方々からは「かわいい!」「男前だ」などの言葉が多く上がっています。

続いて、福山雅治さんの卒園児の写真ですが、トーク番組「徹子の部屋」では黒柳徹子さんから険しい顔をしているということでツッコまれていました。

カメラのシャッターがまぶしかったのか分かりませんが、眉間にしわが寄っていますね。

また、現在の福山雅治さんのように穏やかな表情をした写真もあり、しっかり面影を感じることができます。

少年時代はもう既に性格が男らしかったようで、将来の夢は刑事だと語っていました。

ドラマ「太陽にほえろ!」(1972年公開)の刑事たちが活躍するシーンを見て憧れたのだそうです。

更に少年時代は学校の仲が良い友達がいじめられているのを見て、いじめっ子に対して許せないという気持ちが芽生え、敵討ちのために空手教室に通い始めます。

しかし。空手道場の先生にそのことを話すと「空手とは心を鍛えるものだ」と注意されたと本人は語っていました。

空手の使い方は間違っていても、「弱い立場の友人を守ってあげたい」という男らしい性格をされていたのが素敵ですよね。

スポンサーリンク

壮絶な生い立ちも経験していた?

福山雅治さんは現在の穏やかでユーモアある性格とは裏腹に壮絶な生い立ちを送っていたことでも知られています。

長崎県出身の福山さんですが、第2次世界大戦中にB‐29によって長崎県に投下された原子爆弾によって両親は被爆されてしまっているようです。

そのためか福山さんの父親は、福山さんが高校2年生のときに既に亡くなられています。

またその父親は仕事をまともにせずギャンブル依存症で、家計を苦しめていたそうです。

生活費は福山さんの母親のパート代だけであり、非常に貧しい幼少期時代を過ごしたと言います。

今は一生食べていけるだけ程、名が売れている福山雅治さんですが、幼少期時代はかなり苦労されていたのですね。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回は福山雅治さんの子供時代の写真やその他の情報についてご紹介していきました。

  • 福山雅治さんは現在も爽やかなルックスで人気が高いが、子供時代の写真も「かわいい!」と話題
  • 父がギャンブル好きで貧しい生活を強いられるなど、今の福山さんとは想像のつかない壮絶な生い立ちを経験している

また、福山雅治さんの子供時代の情報が入り次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク