女優

沢尻エリカの現在!後遺症や再犯のリスクは?劣化した最新画像もヤバい!

薬物所持の疑いで逮捕され、有罪判決をくだされた沢尻エリカさんのニュースがここ数ヶ月ずっと話題になっています。

ナイトクラブに通うことが多く、芸能界というストレスの多い世界を生きていく中で誘惑に勝てなかったとみられますが彼女の現在のことや今後のしっかり復帰できるのか心配ですよね。

今回はそんな沢尻エリカさんの現在の姿や今後再犯のリスクはあるのかについてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

沢尻エリカの現在!

沢尻エリカさんですが、2020年2月6日の現在の情報では麻薬取締法違反の罪に問われ有罪判決。

東京地方裁判所から懲役1年6ヶ月、執行猶予3年を言い渡されました。

彼女は執行猶予ということで釈放はされているものの薬物のリハビリ生活に全力で取り組んでいるでしょう。

以前関わっていた危ない人達とも縁を切らないといけないですしね。

そんな反省の意味を込めた直筆の手紙が公に公開されたされたことでも話題になっています。

丁寧な字で書かれているような印象ですが、若干文字が歪んでいるような気もして少し後遺症のようなものが残っているのかもしれませんね。

文面を見るからにはやはり更生に向けて全力で取り組んでいるようです。

沢尻エリカの後遺症や再犯のリスクは?

【恐怖】沢尻エリカの使用したMDMAの後遺症

沢尻エリカさんが使用したMDMAにはこのような後遺症があります。

  1. 幻覚、幻聴
  2. 精神錯乱
  3. 脳や神経の破壊
  4. 心臓や肝臓機能の不全

MDMAは構造が覚せい剤にも似ているらしくを使いすぎると見た目にも変化が現れます。

薬物中毒者の恐ろしすぎる見た目のビフォーアフターがこちら!!

普通の健康そうな女性が、薬物を使用することによって歯がなくなり、肌が乾燥して荒れゾンビ化したようです。

薬物に興味がある方は少なからずいるとは思いますが、こうしてみると非常に恐ろしいですよね。

沢尻エリカの再犯のリスクは?

一度、MDMAを使用した人の再犯のリスクですが、そう簡単に止められるものではないらしく、ニュースサイトでも沢尻さんには再犯のリスクも十分あると載せてありました。

検察側は冒頭陳述で、被告が19歳頃から大麻やコカイン、LSDなどを使用していたと指摘。今回の事件で自宅から発見された薬物は知人から入手したと主張した。論告では「『発覚しなければ大丈夫だろう』と安易な考えで犯行に及んだ」と指摘。「再犯のおそれは高く、厳しい姿勢で臨む必要がある」とも述べた。

やはり、MDMAなどの薬物は副作用や後遺症の症状がかなり凄まじいもののため、更にその苦しい状況から逃げ出したいという負の連鎖が起こるわけですね。

ダイエット中の人が食事量を減らすということだけでも大変なのに、薬物依存を克服するのはもっと過酷だと思います。

やはり一度悪い習慣を身につけてしまっては断つことはなかなか厳しいようです。

再犯を起こさないためには、沢尻さんの意志の強さにもよるだろうし、しばらくは自分との戦いが続きそうです。

沢尻エリカ劣化した最新画像もヤバい!

19歳から大麻やコカインなどの薬物を使用していたという沢尻さんですが、昔のデビューしたての若いときの画像と最近33歳(2020年2月)の画像を比較してみましょう。

 

こちらはどちらとも笑顔の沢尻さんですが、若いときに比べ目尻のしわやほうれい線が目立ってきたようです。

今も十分お美しいのですが、やはり薬物をまた使用してしまうことになると更なる劣化が見込まれます。

薬物使用者の見た目は明らかに老化のスピードが早いです。

今回でキッパリ薬物断ちしていただいていつまでも美しい沢尻さんでいていただきたいですよね!

今回の記事のまとめ

今回は薬物取締法違反で有罪判決がくだされた女優の沢尻エリカさんについて簡単にまとめていきました。

  1. 沢尻エリカさんは現在、直筆の手紙まで書き、薬物を使用したことについて深く反省している様子。
  2. MDMAの後遺症は恐ろしく、見た目の変化がヤバい!
  3. 沢尻エリカさんは更生に向け一所懸命にリハビリに取り組んでいるであろうが、再犯を起こすリスクも高い
  4. 沢尻エリカさんはデビューしたての若い時に比べ、現在33歳(2020年2月)は若干老けた印象がある

それでは今回も記事をお読みいただきありがとうございました!!