歌手

ダイヤモンドユカイの子供に3つの病気説が?不妊治療からの双子の弱視と壮絶的だった…

ダイヤモンド・ユカイ 画像

日本のロックミュージシャンと知られるダイヤモンド☆ユカイさんは、一般人女性と結婚されており、長女1人と双子の男の子2人の子供を授かっています。

そんな中、ダイヤモンド☆ユカイさんの双子の男の子については何度か病気を経験したという情報があるようです。

今回はダイヤモンド☆ユカイさんの子供である双子の男の子の病気について掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイヤモンドユカイの子供に3つの病気説が?

ネット上の情報では、ダイヤモンド☆ユカイさんの双子の男の子は今までに様々な病気を経験したという情報があります。

ダイヤモンド☆ユカイさんの妻の一般人女性は、2011年11月1日に「匠音(ショーン)」君「頼音(ライオン)」君という双子の男の子を出産しています。

ダイヤモンド・ユカイ 双子 画像

その双子が経験したと言われる病名が以下のような病気のようです。

  1. 白血病
  2. ダウン症
  3. 幼稚音

それでは、1つずつ見ていきましょう。

(1)白血病

ネット上では、ダイヤモンド☆ユカイさんの双子は「白血病」を患っているのではないかといった噂があります。

しかし、結論から言うとデマのようです。

現段階で、ダイヤモンド☆ユカイさんは双子が「白血病」を患っているとは一度も報告したことがありません。

「白血病」の噂の理由については、ダイヤモンド☆ユカイさんが自身のブログにて、子供が病院で検査を受けた際に「白血球の値が高かった」と報告していたからではないかと考えられています。

スポンサーリンク

(2)ダウン症

ネット上では、ダイヤモンド☆ユカイさんの双子の「ダウン症」疑惑も存在しているようです。

しかし、こちらの情報もデマのようです。

「ダウン症」とは染色体数の異常によって起こる先天異常のことです。

ダイヤモンド☆ユカイさんは双子が生まれたときに「ダウン症」が発覚したなんていうことは一度も言っていません。

敢えて言うならば、双子が「ダウン症」の子供の表情と少し似ているのかもしれません。

「ダウン症」の子供は以下のような顔の特徴があります。

  1. 鼻が低い
  2. 舌が長い
  3. つり目
  4. 斜視
  5. 耳の位置が低い

実際に、「ダウン症の子供のイラスト」「ダイヤモンド☆ユカイさんの双子の画像」を比較してみると、パッと見で似ているように見えるかもしれません。

しかし、ダウン症の子と似ているという理由だけでは、双子がダウン症だとは判断できないでしょう。

ダウン症 子供 イラスト出典:メディオンクリニック
ダイヤモンド・ユカイ 双子 画像

スポンサーリンク

(3)幼稚音

ダイヤモンド☆ユカイさんの双子は、「幼稚音」といった言語障害を持っているという情報もあるようです。

「幼稚音」とは幼稚特有の滑舌(発音)のことで、か行・さ行・た行・ら行が上手く発音できないなどが見られます。

双子が「幼稚音」である情報は本当のようで、ダイヤモンド☆ユカイさんの自身のブログでも報告しています。

ダイヤモンド☆ユカイさんの息子2人は小学校の就学前の検査を受けた際に、「幼稚音」の可能性があると診断され、心配だったようですね。

ユカイは11月30日のブログで、「来春、小学生になる俺のボーイズツーメン。先日受けた就学前検診で再検査の通知届く」「心配だな」ととても心配していた。19日には担当の先生が双子を1時間ほど「再検査」したという。

引用:デイリー

しかし、再検査後に医師から「治って行くと思いますので、ご自宅で見守ってあげて下さい」と指導され、無事だったことを伝えています。

なので、大人になるにつれて「幼稚音」の症状は次第に消えていく可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

 

不妊治療からの双子の弱視と壮絶的だった…

ダイヤモンド☆ユカイさんの子供に関する情報について調べてみると、「子供出産前の不妊治療」「双子の息子の弱視」など色々と苦労されてきたようです。

その苦労の数々のエピソードについてもご紹介していきたいと思います。

男性不妊と診断される結果に…

ダイヤモンド☆ユカイさんは結婚後に妻との間に子供が欲しいと妊活するも、医師から「男性不妊」と診断され、不妊治療を受けることとなります。

「男性不妊」の理由は、いわゆる「無精子症」によるものでした。

始めに「無精子症」と聞いたダイヤモンド☆ユカイさんは大変ショックを受け、自ら妻との別れを切り出したそうです。

更に2度も体外受精に失敗し、妻とは離婚話になるほどの喧嘩もしたんだとか。

しかし、離婚危機を乗り越え、転院したのをきっかけにやっとのことで体外受精に成功したようです。

治療もなかなか大変だったようなので、一般の夫婦に比べると子供を生むまでにかなり苦労されたみたいですね。

それから1年弱くらいかな。二人で温泉に行ったり、ゴルフを楽しんだりとリラックスして過ごしていたんだよね。そんなとき、妻が「40歳になる前に、最後にもう一度チャレンジさせてください」と言ってきたんだ。もう一度挑戦ってことは、俺ももう一度アソコにメスを入れるのか?と一瞬ひるんだけど、一度経験していた俺は強くなっていたね。妻の大変さに比べれば睾丸にメスを入れる手術なんてあっという間に終わる。俺は、妻と二人で北九州のクリニックを訪ねることになったんだ。

引用:日経 woman

スポンサーリンク

息子に弱視の危機が…

ダイヤモンド☆ユカイさんの双子の息子「頼音(ライオン)」君は、視力の状態が良くなく「弱視」の危険があったそうです。

「弱視」とは、メガネやコンタクトレンズをしても視力がでない状態のことをいいます。

自身のブログでも、「頼音(ライオン)」君が弱視の可能性があり、趣味のサッカーができなくなるかもしれないと心配していたことを語っています。

ダイヤモンド・ユカイ 双子 画像出典:オフィシャルブログ

しかし、医師からの診断の結果「弱視」ではなく、「遠視性乱視」といいた別の病気だったこと報告しています。

再検査を受け
結果は、経過観察は必要だが
弱視ではなく、遠視性乱視であった。良かった…。
大好きなサッカーを続ける事が出来る。
出典:公式 ブログ
専門家によると、子供が成長するにつれ眼球が大きくなっていくことから、遠視の度合いは収まっていくとのことです。
 
 

視力は日常生活で大切な役割を果たすので、取り敢えず一安心ですよね。

スポンサーリンク

今回の記事のまとめ

今回はロックシンガー・ダイヤモンド☆ユカイさんの子供・双子の息子の病気について詳しく調査していきました。

  1. 子供が「白血病」「ダウン症」という情報はデマ
  2. 双子の息子が「幼稚音」「視力の状態が良くない」ことは本当だが、大人になるにつれ症状が良くなる可能性が高いと見られる。

過酷な不妊治療を受け、やっとのことで誕生したダイヤモンド☆ユカイさんの子供たち。

これからも健康で、すくすくと育っていっていただきたいものですよね。

スポンサーリンク